RSS
 

日本酒用語・豆知識

日本酒についての専門用語をお調べいただけます。



<純米酒>
■ 純米大吟醸酒
精米歩合50%以下の白米と米麹及び水を原料とし吟味して醸造した清酒で、固有の香味・色沢が特に良好なもの。
■ 純米吟醸酒
精米歩合60%以下の白米と米麹及び水を原料とし吟味して醸造した清酒で、固有の香味・色沢が良好なもの。
■ 特別純米酒
精米歩合60%以下の白米と米麹及び水を原料とし醸造した清酒で、香味・色沢が特に良好なもの。
■ 純米酒
精米歩合70%以下の白米と米麹及び水を原料とし醸造した清酒で、香味・色沢が良好なもの。
<醸造酒>
■ 大吟醸酒
精米歩合50%以下の白米と米麹、水、醸造アルコールを原料とし吟味して醸造した清酒で、固有の香味・色沢が特に良好なもの。 醸造アルコールの使用量は白米重量の10%を超えないもの。
■ 吟醸酒

精米歩合60%以下の白米と米麹、水、醸造アルコールを原料とし吟味して醸造した清酒で、固有の香味・色沢が良好なもの。 醸造アルコールの使用量は白米重量の10%を超えないもの。

■ 特別本醸造酒
精米歩合60%以下の白米と米麹、水、醸造アルコールを原料とし醸造した清酒で、香味・色沢が特に良好なもの。 醸造アルコールの使用量は白米重量の10%を超えないもの。
■ 本醸造酒
精米歩合70%以下の白米と米麹、水、醸造アルコールを原料とし醸造した清酒で、香味・色沢が良好なもの。 醸造アルコールの使用量は白米重量の10%を超えないもの。

目次に戻る



■ 山田錦(やまだにしき)
昭和11年(1936年)に命名されて以来、代表的な酒造好適米品種として人気があり、正に「酒米の王者」と呼ぶにふさわしい。 香りの高い大吟醸酒用として特に人気の品種。
■ 八反錦(はったんにしき)
全国有数の良質な酒米の産地である広島県を代表する酒造好適米の一つである。 大粒で吸水性が良くやわらかく溶けやすいのが特徴で、雑味の少なく上品できれいな酒ができると評価は高く、全国各地で酒造りに使われている品種。
■ 松山三井(まつやまみい)
愛媛県で飯米として開発されたが成分特性は酒造好適米に匹敵する。 限定吸水(米を蒸す時に吸わせる水分を細かに調整する事)さえキッチリしてやれば、山田錦に近い酒造特性を示す為、近年全国の酒造家の間で人気の品種。

ページトップへ