RSS
 

有光酒造場・蔵元紹介

創業明治36年(今の会社組織は昭和31年)「詬光酒造場」は高知県東部の安芸市にあり、背後から大きく山が迫りすぐ前は壮大な太平洋に挟まれた海沿いにある小さな集落、赤野という地区でこだわりの酒造りを行っている小さな蔵元です。

地区を流れる清流赤野川の伏流水を仕込水に使用、古くより手造りの味を大切にし人手をかけて少仕込した酒は、全製品昔ながらの酒槽で搾るなど、酒造りには惜しみない手間暇をかけています。

歴史を感じる酒蔵の主要部分は江戸時代に建てられたもので、その中で蔵元が最も大切にしている『米の持ち味を引き出し味わいのある酒を醸す』通り、独特の優しい土佐酒造りに励んでいます。


「安芸虎・玉川は、こんなお酒」

仕込水に使用している清流赤野川水系の水は、柔らかな味でいわゆる辛口の酒よりふくらみと柔らかな味のある酒に向いており、この川の水を玉に例え清酒『玉川』と銘した程、酒造りに適した水です。

少量仕込みでじっくりと発酵させた安芸虎「玉川」は華やかさ控えめで、柔らかく丸みがあり日本酒度は+3前後と一般的な土佐酒と比べ若干低めと、蔵元が大事にしている人を和ませる優しさを感じられます。

有光酒造(安芸虎)の商品一覧へ


ページトップへ